ホームLife 加盟店| 投票

投票する!


  • 同一記事への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです: 1 が最低、 10 が最高
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません
  • 自分が登録した画像は投票できません。
  

秀果園(巨峰販売)

2012-8-16 21:15 投稿者: asama (記事一覧) [ 9385hit ]
秀果園
秀果園

インタビュー

信州で巨峰農家を半世紀の歴史がここにあります。

樹齢53年の巨峰の老木
東御市は巨峰の王国として、全国でも有数の巨峰産地です。
毎年、集荷の時期(9月から10月末)を迎えると市を上げて「巨峰の王国祭」が開催されます。
そんな東御市の巨峰農家の一つに秀果園(しゅうかえん)があります。
秀果園には、樹齢53年になる巨峰の老木があり、この老木こそがこの地で最初に巨峰を世に送り出すことになる木なのです。
まさに「巨峰の王国」発祥の木なのです。
葡萄農家存続に賭ける想い
現在の園主である渡辺隆信さんは、子どものころから葡萄農家で育ち20代でフィリピンに渡り10年間、先代と共に葡萄栽培の指導員をしていました。帰国後、一旦は企業に就職した渡辺さんですが5年前に脱サラをして百姓になる決意をしました。
その頃、農業が抱える”農業従事者の高齢化”と”後継者問題”は深刻になりつつあり、秀果園の存続も危ぶまれていたのです。
先代からの農園を引き継ぐ。その為には最も古い葡萄農家というだけではだめだ、どうせやるのなら、53才のこの老木に恥ずかしくない本当に美味しい葡萄を作らないといけない。
葡萄作りで日本の農業を元気にしたい
渡辺さんが「様々な経験が何ひとつ無駄ではない」と言う背景には、これからの農業と秀果園の未来にビジョンを描けるのは外国の農園での慣れない生活や会社員の経験が糧となっているから。
その年採れた葡萄を持って一つ星レストランへ、そして東京の有名デパートへも自分の足で通います。
徐々に品質、味に自信が持てるようになって来たと言う渡辺さんの夢は、その品質の高さを「秀果園の巨峰」というブランドとして守り、目指すのは日本一の美味しい葡萄と日本の農業を元気にすることだそうです。

直売所

採れたて新鮮

早朝の収穫を待つ葡萄園

ボイス

若い人たちにも何かできることがないかと考えられる余裕も
「美味いねぇ〜」という言葉とその顔が忘れられません。農業って大変なんですよ、こんな大変な仕事なんでやるかって?
出荷の時期は3時間睡眠ですからね、10キロ体重が減りますよ。(笑)
でもね、そんな思いして頑張るのは「また来年も来るから美味しい葡萄をお願いね!」なんてお客さんが言ってくれるから。
人との繋がりですね。こんなこと会社にいた時はなかったですからね、やるしかないかみたいな。(笑)
まだまだ自信がある訳ではないんですよ、でも先日一つ星のレストランのシェフに「お宅の葡萄がないと、うちのメニューは成り立たなくなりました」と言ってもらったんです。ここにきてようやくちょっと自信が出てきました。50才になるんですがやっと少し自信ができたかな。これから農業を始めたい若い人たちにも、何かできることがないかと考えられる余裕も最近出て来ました。これからですね。
これからの農業未来を考えると確かに不安です。どんどん高齢化が進んでしていますし荒廃地が増えています。とにかく、挑戦してみるしかないですね。今年は、軽井沢のプリンス通りに秀果園が直営店を出します。自信を持って皆さんにお届けできる葡萄を育てていきたいと思います。

巨峰

ロザリオロッソ(種なし)

伊豆錦(種なし)

 
 
ホームページURLhttp://syuka-en.com
電   話0268-64-7005
ファックス0268-64-7006
郵 便 番 号389-0505
住   所長野県東御市和2789
Life登録店 hits rank
アクセスカウンタ
今日 : 111
昨日 : 214
今週 : 955
今月 : 5274
総計 : 352206
平均 : 334