| Next»
カテゴリー: 音楽
(2018年07月09日)
投稿者:suoyon
ミツヤさん2018
ミツヤさんgtr



鈴木美柘椰ライヴ「The Music Will Cast A Shadow」
新宿のガルバホールというサロン的なスペースでコンポーザー・ギタリストの鈴木美柘椰ライヴを観た。
美柘椰さんとは以前(20年経ったかな)一緒に作曲家の集まりコンポーザーズミーティング(加藤みちあき、鈴木美柘椰、平岩嘉信と私が幹事)という活動(バンドではない)をしていた間柄。
演奏会のほうはエレクトリック・ギター独奏による演奏で、チック・コリア、ドビュッシー、ジョン・マクラフリン・マハヴィシュヌ・オーケストラ、ラベル、キング・クリムゾン、ジェネシスらのすべて難しい曲をなんとなんとギター独奏に編曲したという独自の音世界。時にループなどのエフェクター使用でひとりデュエットはあるもの基本的にソロの演奏が素晴らしかった。そして多くのCM楽曲の作曲でも知られた美柘椰さんのCM音楽、「リポビタンD」「日産シーマ」等もギター編曲による演奏、でも全然CMっぽくなくてかっこよかった。すべて座っての演奏はロバート・フリップのようでもあった。
どの曲も皆んなで楽しくとか安易なエンターテインメントさのカケラもない清々しさが残るライヴだった。1曲としてドミソで終止する音楽もなかったかも。ストイックで統一感に溢れた美柘椰ワールド。こういうことを続けられるっていうことは精神性の高さが必要だし、尊敬に値する。プログレ話も面白かった。作曲家の加藤みちあきさんやオンド・マルトノの原田節さん、ヴォーカリストのミネハハさんなども一緒だった。
カテゴリー: 音楽
(2018年03月15日)
投稿者:suoyon
博多座舞妓はレディ2018


舞台版『舞妓はレディ』、福岡博多座で公演!
写真は中洲川端の博多座のあるビルの入口。
舞台版は映画とはまたひと味もふた味も異なる。休憩挟んで3時間20分の大作ミュージカル。歌のリメイクの仕方で興味深いのは「夜の終わりに想う歌」が構成を変え、数人のハモでのスタートで途中でセリフが入り、とか。またセンセ役が改めてこの曲でソロを取るversionもあったりで膨らんだ。「これが恋?」も間奏後再びサビを歌う展開に。キャストも映画とはすべて異なるのでニュアンス等も舞台ならではの世界観が成立した。博多座はとにかく素晴らしい劇場。ロビーにはたくさんのほんとうにたくさんのグッズやお弁当などが並び、その殆どに「舞妓はレディ」の帯がかけられお祭りのようでした。
ここらへんは中洲川端のオシャレなオフィス街と川端中央商店街という昭和なアーケードが混在していて面白い、隣りのリバレインというビルはめちゃオシャレな店が入っている。その1階のブックカフェでのお茶も良い。近くのお店「とり田」の水炊きは最高でした!
カテゴリー: 音楽
(2018年02月07日)
投稿者:suoyon
stillcrazy

ポール・サイモンがツアー引退!


ポール・サイモンがツアーからは引退ですね。エリック・クラプトンももうツアーやらないし、70代に入ってちょい寂しい話題ではあります。
ポール・サイモンは何と言っても「Still Crazy,After All These Years」が最高!「まだオレはいかれてるよ」って言えなくなっちゃったのかな。サイモン&ガーファンクル時代のヒット曲は万人受けするキャッチーなヒットソングライターだったけど、それで終る人じゃなくてその後のソロからが彼の真骨頂だったと思う。また2006年のアルバム「Surprise」ではいわゆるキャッ
チ-なヒットタイプのメロディはないけど逆に散文詩的な歌が素晴らしいし、なんとブライアン・イーノによるソニックランドスケープが意外にも新たなサイモンの世界を切り開いた。最も知的なギタリスト、ビル・フリゼールも参加してる。ポール・サイモン、キャロル・キング、ジェームス・テイラーは3大シンガソングライターですね。ビリー・ジョエルも入れなくちゃかな。切りないけど。
カテゴリー: 音楽
(2018年01月29日)
投稿者:suoyon
弦楽セミナーosm2018mizuno



今年も大阪スクールオブミュージックでの「弦楽セミナー」。2001年からはじめて今回が第17回の開催となる。毎年の年度末の一大行事である。全6曲がレコーディングされた。演奏は京都芸大卒の若手グループでリズム・セクションと歌も20代のミュージシャン。学生の作品は5曲で、僕はRock的な弦楽四重奏をドラム、エレキベース、エレキギターのリズムセクションとともに歌もダビング無しでレコーディング。やっぱりせ~ので8人の演奏が奏でると楽しいデス!
カテゴリー: 音楽
(2018年01月09日)
投稿者:suoyon
TheirSatanicMajestiesRiquest







ROLLING STONES『Their Satanic Majesties Request』1967年(上の写真の右)

今聴くと面白い!サウンドが!様々な楽器を使用してるし不思議サウンド満載!

そうか、このアルバムが発表されて50年も経ってしまった。ストーンズの最高の駄作とか問題作と言われた。当時のサイケデリックブームやフラワームーブメント、ヒッピー文化、反キリスト、エスニックワールドミュージックの先取りとか。また当時としては新しい機材であるシンセサイザー、メロトロンの多用、ダビング多用によるライヴ不可能な曲。プログレ、アヴァンギャルド的な側面、ドラッグ文化のロック等々。

しかし50年経って聴くとけっこう面白い。ミック・ジャガーもそう言ってるらしい。またブライアン・ジョーンズがブラス、フルート、ハープ、メロトロン、エレキシタール等マルチ奏者振りを一番発揮したアルバム。レッド・ツェッペリン結成前のジョン・ポール・ジョーンズが「She’s A Rainbow」の弦楽四重奏アレンジ等も面白い。この曲のメロディは美しく、頻繁にテレビなどで選曲で使用されているストーンズのメロディタイプの名曲。当時中学生の僕はこのキレイなメロディが繰り返されるうちにミックがだんだん耐えられなくなりメロディを崩して歌うところがR&Bぽくてカッコイイと思った。ピアニストのニッキ-・ホプキンスが大活躍している。メインの曲「Sing This All Together」のドラムは「キック4つ打ち系」というのも面白い。エンジニアのグリン・ジョンズの貢献度も大きようだ。

とにかくこの後ストーンズは最大傑作の『BEGGARDS BANQUET』(1968)『LET IT BLEED』(1969)『EXILE ON MAIN STREET』(1972)を出すのでこの『Their Satanic Majesties Request』でのある意味失敗を充分糧にしているのだろう。しかしストーンズで一番カラフルで不思議な中近東風サイケなアルバムであることは確か。そしてこの時代、ポップの最大のメジャーバンドがこんなやりたい放題の勝手なアルバム作れるっていうことが凄い。

写真右はROLLING STONES『Their Satanic Majesties Request』(1967年)の昨年再発されたスペシャル盤のジャケット。通常のCDより大きいケースの中に2枚のCDが収録されている。
カテゴリー: 音楽
(2017年11月01日)
投稿者:suoyon
たゆたう


『たゆたう』
友人でありコンポーザー、ピアニストの菊池美奈子アルバム、ピアノ曲集のPIANO JAPONISM 1『たゆたう』は全体にある種の「漂い感」コンセプトで支配されている。それは「和」かもしれないし「癒やし」かもしれないが彼女のフィルターを通ったもの。単なる「癒やし」よりは攻めているし、あざとい「和」でもない。ペンタトニックながら和声が変化していったり、日本のメロディや陰旋法風、左手のオスティナートに展開する曲想もありだ。このブレンド具合和声感はとても好きだ。
カテゴリー: 音楽
(2017年09月10日)
投稿者:suoyon
そら豆2017



9.9 祖師ヶ谷大蔵アトリエそら豆での「周防義和やさしく映画音楽カミクダキ」は昼の会、夜の会ともに満席、ほんとうにありがとうございました。夜の会のほうは限定人数を遙かに超えてしまい、もしかして居心地悪かったかもしれません。反省ですね。
帰りに多くの人たちから楽しかった、説明がわかりやすかった、歌がよかったと、、また映像にどの音楽が合うかというクイズ形式のお客さん参加のお遊びも、みなさん真剣に考えてくれて感想もいただき楽しんでもらえたようで何よりでした。生演奏でもJirafaの歌、僕の歌、tomo the tomoの歌とミニライヴという感じを挟み込みました。また次回に繋げられれば、と思っています。
写真は夜の会終了後にまだ残っていた方々とのショット。私は一番奥の方で右手を挙げてます。白い帽子がtomo the tomo、その向かって左がJirafa、という各出演者です。
カテゴリー: 音楽
(2017年07月18日)
投稿者:suoyon
stravinsky



写真はどれもストラヴィンスキー『春の祭典』絡みのもの。右上は2010年のフランス映画『シャネルとストラヴィンスキー』(監督:ヤン・クーネン、原題:Coco Chanel & Igor Stravinsky)のDVD。
あの有名なシャネル創始者のガブリエル(ココ)・シャネルと同時代に活躍したイゴール・ストラヴィンスキーとの交流の物語。
冒頭から1913年のパリ。『春の祭典』のシャンゼリゼ劇場での初演をある程度再現していて興味深い。この20世紀音楽の歴史に残る大事件が再現されている。指揮者のピエール・モントゥーが登場し音楽が導入、バレエも始まると客席はざわつき、大騒ぎになり、次第にこの雑音のような野蛮な音はなんだとかで警察も駆けつける大スキャンダルになってしまう。公演は大失敗に終る。今なら『春の祭典』はそんなに前衛でもないが当時1910年代、バレエといえば『白鳥の湖』『眠れる森の美女』などまだまだ19世紀的ロマンティックなものが一般的だった時代。『春の祭典』の異教徒的な大地礼賛やらリズムや不協和音の革命的な音楽は斬新すぎた。しかし数年後には絶賛され今日に至っている。
別の資料で見た話では初演に来ていた作曲家サンサーンスは「ファゴットの使い方が酷い」といって途中で帰ったとか、そして怒号の中で必死にテンポをカウントする振付のニジンスキーなども描かれている。公演後ニジンスキーの振り付けが悪いとストラヴィンスキーが怒る場面もある。また劇中では『春の祭典』の様々なモティーフを劇伴で使用したり、主人公ストラヴィンスキーがピアノでモティーフを再現したり、それが何度か目ではオケの音もミックスされたり、面白い。
またココ役のアナ・ムグラリスは実際にシャネルのモデル経験もある女優なのでその衣装の着こなしは見事!色っぽい。
物語はすでに成功者だったココ・シャネルがロシア革命で祖国に戻れなくなり財産を失ったストラヴィンスキー一家がシャネルの援助を受けてパリ郊外で住むうちに不倫関係になるというものだ。ある程度は事実らしい。
さてさて、戻って写真だが、
左上はシャルル・デュトア指揮モントリオール交響楽団の演奏のCDジャケット。左下は小澤征爾指揮シカゴ交響楽団演奏のCDジャケット。右下は大植英次指揮ミネソタオーケストラ演奏。それぞれ良さがある。デュトアのが好きかな。以前デュトア指揮NHK交響楽団の『春の祭典』のリハーサル風景をドキュメントしてたが、完全に暗譜していて厳しくリズムの縦線を注意するデュトアの凄さを感じた。実際の指揮も完全にこのリズムが身体に染み込んでいてクラシックには珍しくデュトアさんの指揮にグルーヴを感じた!
有名な指揮者カラヤンも最初は『春の祭典』のリズムが理解できなくて若手の指揮者に、この分母が変わる変拍子をどうやって振るのか?って聞いたらしい。
ウェットでセンチなメロディを好む多くの日本人にクラシックでもこの『春の祭典』無理っすね。いいです、僕好きなんで。
以前にストラヴィンスキー生誕100年番組のドキュメントのことをここで書いたが、とにかく『春の祭典』とMiles Davis『Bitches Brew』(1969)は最も好きな音楽。ストラヴィンスキーの3大バレエはどれもよく聴く。
カテゴリー: 音楽
(2017年05月15日)
投稿者:suoyon
20170515-1992_bb_bunka-pop_f_400.jpg


ワタシ周防義和がやってた伝説!のバンドBREW-BREWの1stアルバム「文化ポップ」がリリースされたのが1992年。それから早25年(四半世紀)が経ったのですが、ななんと青山スパイラルのnewsicレーベルから世界112の国々に5月17日配信されることになりました!

BREW-BREWがどんなバンドかというと弦楽四重奏、アコースティックベース、エレクトリックフレットレスベース、ギター、ヴォーカルの7人からなる編成で
「文化ポップ」期BREW-BREWはViolin:竹内純、Violin&Vocal:金原千恵子 Viola:村山達哉 V.Cello:四家卯大 AcoBass:郷忠孝 ElecFretlessBass:泉尚也 Guitar,Melodion&Vocal:周防義和で周防義和と村山達哉の作編曲作品によるオリジナルな弦楽ロックを展開した。プログレではないですがクラシックでもないオンリーワンなノンジャンルなポップ。歌ありインストありのこのポップってヒットチャート的ポップソングではない。とにかく勝手なやりたいことやってた。その後パーカッションの三沢泉も参加しBREW-BREWとしては4枚のアルバムを残した。
「文化ポップ」に関してはhttp://www.suoyon.jp/album/brew-brew-bunka-pop.html

映画『シコふんじゃった。』のレコーディングで周防義和と弦楽メンバーが出会い、ロック曲を弦楽四重奏でライヴしてたら青山スパイラルnewsicレーベルが面白い!ってことになったのが1991年。翌年「文化ポップ」を完成させた。
今回の配信記念にライヴを期待する声が渦巻いて、、、うむむ皆忙しそうで大変だけど、動いてみようか、みたいな機運が高まりつつの今日この頃デス!

現在メンバー各々自分の活動している。Vlnの竹内純は当時X-JAPANのツアーに参加、スタジオセッションを数多くこなし、現在は邦楽系奏者とヨーロッパをツアーしている。
Vlnの金原千恵子は福山雅治、桑田佳祐、小田和正その他多くのポップアーティストのストリングスを率いてまたソロでも数枚のアルバム発表でロンドンでレコーディングもしたり超多忙。
Vlaの村山達哉は映画音楽の作曲家として、またTRFなどポップのアレンジ、映像会社の経営に携わりと多方面での活躍。
V.Celloの四家卯大は小林たけしの傘下でミスチルの弦楽アレンジ、ソロ・アルバム発表、久米大作ユニット、大森俊之ユニットに参加、等で活躍。
E.Bassの泉尚也は多数のソロアルバム発表、数々のセッション、レコーディング、ツアーに参加、若手ミュージシャンのプロデュース、周防義和映画サントラに多く参加、tomo the tomo carpe diemでも活躍。
A.Bassの郷忠孝は多くのジャズセッション、バンドに参加、ジャズベースの講師としても若手を指導している。
カテゴリー: 音楽
(2017年04月02日)
投稿者:suoyon
apr1雪2edit


NHK朝の情報番組「あさイチ」のテーマ音楽改訂しました!
2010年に番組スタートから7年間使われた「メインテーマ」や「あさごはん」のコーナーテーマ音楽を新たに作曲、先日音響ハウススタジオでレコーディングしました。
前回は弦楽セクションにヴォーカル(tomo the tomo)が絡む音楽でしたが、今回は木管(パンフルート、フルート、オーボエ、クラリネット)、弦セクション、ピアノ、アコースティック・ギター、パーカッション(マリンバ、グロッケン、ラテン)にヴォーカルJirafaの声が絡む曲です。Jirafaの声は前回の「あさごはん」でも歌ったのに続きであり今回の「ごはんテーマ」もヴォーカル参加です。
番組の進行上、音楽ががんがん聴こえるわけではないですが、さりげなく支えるお仕事、ということです。

レコーディングの次の週は例の「映画音楽の会」と忙しい週でした。「映画音楽の会」ではクイズもあり3回とも正解した方もいたりで一緒に楽しみました。僕の歌「Out Of The Blue」もだいぶフェイクしたフレーズでも歌えるようになり進化デス!Jirafaは彼女が作曲した映画「ロマンス」のメインテーマを自ら歌いました。この第1回の映画音楽の会、また第2回と続けていたきたいです。

写真は4月1日の軽井沢に降った雪!これは自作の小鳥用のえさ台なんです。
| Next»