«Prev |
カテゴリー: ミュージシャン
(2017年06月17日)
投稿者:suoyon
Jirafaジャケットedit



このジャケット、とても素敵!
音楽仲間のコンポーザー、シンガーのJirafaのアルバム『はじまり続ける』(2枚組CD/ZEZE-MU Sura:5レーベル)が完成に。

Jirafaは僕の映画音楽などではアシストしてくれていて、映画『舞妓はレディ』ではメインテーマのコーラス編曲等、映画 『超高速!参勤交代』では劇中音楽を数曲担当、また映画 『ロマンス』『嫌な女』では共同で音楽担当、NHKの朝の情報番組『あさイチ』ではメインテーマ等のヴォーカルを担当している。
いくつかのドラマの劇音楽を担当しているJirafaは自らのバンドでも活動している。また僕の「Out of the blue」の作詞(英語)はJirafa。ということでいつもお世話になっているJirafa、やっとアルバムできたね!

今回のアルバムではシンガーソングライターとしての面とコンポーザーの面をダブルでパフォームした2枚組!いやいやこのカタチは僕のアルバム『遇游歌集』もそうしたかったので、、、やられてしまった。シンガーソングライター面では4リズム編成のバンドによるある意味独自で知的なロック音楽。「Don’t give up on me」「太陽と寄生虫」など好きだ。「太陽と寄生虫」の歌詞ではカレシが太陽で自分は寄生虫という構図!にびっくりした。

コンポーザー面では映画 『ロマンス』のメインテーマ曲も収録されている。この曲はタナダユキ監督作詞でそれをJirafaが英語にして作曲している。歌は女優の三浦透子。『ロマンス』はサントラ出ていないのでこれは貴重!
実は僕も小曲を1曲書いていてピアノとJirafaのスキャットによる不思議系な音楽。
また6月25日(日)には赤坂グラフィティにてアルバム完成記念ライヴが行われる。http://www.jirafa.jp/info.html
カテゴリー: ミュージシャン
(2017年06月11日)
投稿者:suoyon
VFAジャケットedit


「Voice From Asia」のアルバムも配信開始!

BREW-BREWの『文化ポップ』と同様に1990年頃活動してた今や今や伝説的な大人の無国籍ポップバンド「Voice From Asia」のアルバムも5月に配信開始された。下記のアドレスは当時の青山スパイラルnewsicレーベルが制作したプロモーション用の映像。アルバム収録の「サバ・トキオ」が流れる。 もう27年前に作ったアルバム、、、みんな若いし!

https://www.youtube.com/watch?v=XWRauAucD_0

「Voice From Asia」はViolin.Flat-Mandolin : 岸本一遥、Vocal : おおたか静流、Guitar,Keyboard,Vocal:周防義和、PercussionDrum : 吉田宏治の4人からなるバンドで凄い数のライヴをこなした思い出がある。
高円寺の稲生座の常連バンドでいつも中央線沿線の外国人達が大勢見に来てくれた。Violin.Flat-Mandolinの岸本一遥はヨーロッパ系ではなくブルーグラススタイルのプレイヤー、とにかく2beat系のグルーヴにのるとスゴイ。
おおたか静流はいうまでもないヴォイスパフォーマー。彼女もソロでの「花」(沖縄のあの曲)でヒットしたがこのユニットはそれより以前からの活動になる。この凄い2人を組み合わせたら面白んじゃないかとセットしたのがワタシ。これはバッチリだった。ドラムの吉田君もピーター・ゲイブリエルが好きとかロック系だが、ここでは独自のセットを叩きボトムとして貢献している。僕はなんと曲によっておおたかさんの声の3度上でハモってたりする!
カテゴリー: ミュージシャン
(2017年05月26日)
投稿者:suoyon
ぺぺタン・タタンlow



『ペタタン・タタン』完成! プロデュース:SPICYHEAD 桑野聖アルバム

20年来の音楽仲間、Violinistで作曲編曲家の桑野聖が子供たちに送る素晴らしきアルバムを完成させた。『ペタタン・タタン』という物語は江戸っ子口調の語りにキュートでオシャレな音楽で進められる素敵なアルバム。
僕も微力ながら帯の言葉、フライヤーへ文を書かせていただいた!

主にViolinistの面でいつもコラボしていたがアニメ『忘却の旋律』では共同で音楽を担当し、桑野さんのレベル高きコンポーザー面を知った。また桑野聖ソロ・アルバム『東方弦聞録』を一緒にプロデュースした。エレクトリックな歪み音色でのアドリブも凄かった!

今回は子どもの為に作られたサウンドながら、イージーに妥協することなく大人でも十分楽しめる丁寧でレベルの凄まじく高い楽曲作りがほんとうに素晴らしい!まるでミュージカルを楽しむような雰囲気!

そうか、、それは知らなかった。後で桑野さんから聞いたらミュージカルを意識した楽曲作り、わかりやすくとも高度なサウンドクリエーティングを考えていたそうで、見事だ。
広がりのあるオーケストレイションやジャズチューン、細分化されたリズムがスリリングに絡む歌、キュートなポップソング、少しエスニックあり、木管アンサンブル、シャープに切れこんでくるヴァイオリン、、、と生楽器中心のシアワセなたくさんの音に包まれた物語が展開していく。桑野さんのプロダクションSPICYHEADが制作、パートナーでFlutistの中瀬さんとの共同作業が実を結んだ。
カテゴリー: ミュージシャン
(2017年03月19日)
投稿者:suoyon
ミックとチャック


ロックンロールを作った男、チャック・ベリーが90歳で亡くなった。1950年代、エンターテイメントの世界に大人と子供の間に青春というアイテムをロックンロールという大人社会にちょっと反抗するようなスタイルで持ち込んだ。これはその後エンターテイメントの最大のテーマになるほどのジャンルになる。
チャック・ベリーの曲に「スクール・デイズ」「スウィート・リトル・シックスティーン」など青春がテーマだ。
シカゴブルースの巨人マディ・ウォーターズに認められデビューし、ブルースよりテンポ速く明るくしたロックンロールを作ったひとりだ。ジョン・レノンはロックンロールをあえて違う呼び方をするなら「チャック・ベリー」だと言う。チャック・ベリーの2大影響者はキース・リチャーズとジョン・レノンだ。
「ジョニーBグッド」のあの有名なギターリフのイントロやダブルストップでの
奏法はエリック・クラプトンをしても「あのテンポだとああいうやり方が最高で他になくああなってしまう」とまで言っている。ひとつの普遍的なリフを作っちゃった、ということだ。
ビートルズの「Come Together」はチャック・ベリーの「You Can’t Catch Me」の影響で作られたジョン・レノンの曲だ。似すぎているのでジョンは謝罪のためにその後「You Can’t Catch Me」をカバーしてベリーに敬意を表している。

偶然だけど、僕が今やってるお仕事に珍しくロックンロールのアレンジが1曲あって、来週にはまた直しをしようと思ってチャックの「キャロル」「ロールオーバーベートーヴェン」なんかを聴いてた。

ROLLING STONESのミックとキースが学生時代に駅で出会った時にミックが
マディ・・ウォーターズとチャック・ベリーのレコード(イギリスで売ってないレコードをミックは通信販売で買っていた)を持っていて意気投合しストーンズ結成に繋がる有名な話もある。

1986年にチャック・ベリー60歳の記念コンサートとそのドキュメント映画が撮られた。(監督は「愛と青春の旅立ち」のテイラー・ハックフォード)その時の音楽監督がキース・リチャーズだ。わがままでやんちゃなチャック・ベリーを弟子のようなキースがとても真面目にリハをしたり、本番でもチャックをなだめる。これ見るとキースってほんとうは真面目な人?みたいな感じ。
ロックンロールを好きでなくてもチャック・ベリーから派生したロック、R&Bがその後のポップ音楽の土台をなっているいるので彼の功績はとてつもなく大きい。

ちなみに60歳記念映画「HAIL! HAIL! ROCK’N’ROLL」は今となっては貴重なメモリアルな作品。またメイキングでのプロデューサーの愚痴も面白く、チャック・ベリーは約束を守らず、遅刻、来ない、多額の現金を要求、行き当たりばったり、歌詞忘れ、本番中にキーを変えようと言う、大事な収録直前に小さなローカルツアーをぶっこみ声がでなくなる等々、やっかいな人物像がこれまた破天荒で飽きさせない。
写真はミック・ジャガー(右)とチャック・ベリー(左)
カテゴリー: ミュージシャン
(2016年12月07日)
投稿者:suoyon
Blue&Lonesome2


『Blue & Lonesome』Rolling Stonesが11年ぶりに新作アルバムをリリースした。ミック・ジャガーやキース・リチャーズは元々ブルースバンドとしてRolling Stonesをスタートさせたのでこのブルースのカバー集は原点回帰のようなものでなんの違和感もない。
エリック・クラプトンがゲストでいいソロしてる。

しかしミック・ジャガーは今73歳、レコーディングした頃は72か。声は全く衰えていないばかりか、めちゃめちゃノリノリでそのニュアンスは若い時より進化している。それだけこういうブルースには身体に染み込んだ、いやいやブルースそのものに身体がなっているのかもしれない。ミックのこと知ってるつもりでも、この入り込みの凄い歌唱にはちょっと驚いた。
ミックのブルース・ハープも大活躍しているし、ステージのパフォーマンスと同様に歳とって渋くなるのではなく、前向きなパワーに溢れたブルースフィーリングで歌を聴かせるのがミックの特徴で、ブルースが情けない心情や黒人の差別や悲しみをダブルミーニングで表現したところを更に居直ったりするのだが、ガンガン来るミックのブルースに情緒的な悲しみはないタイプのBluesだ。

レコーディングはほぼ一発録りでオーバーダビング無しで3日間で録り終えたという。これも現代機器が発達しすぎて間違いなど直せる時代にあえて荒削りのままスタジオ・ライヴ風に録ったことは興味深い、、、というか50年前彼らがデビューした頃に戻ったスタイルだ。僕もこの人達のお陰でBluesが原点になっちゃってる音楽人生を歩んでいるので・・・・・そうそう高校の時やってて自分でも歌ってた「I Can’t Quit You Baby」を今回ストーンズがやるなんてね。
この曲のミックの歌唱はハイライトだ!

ミックやキースはこういうシカゴブルースやR&Bが原点とも言えて、『Beggards Banquet』の頃アメリカルーツ音楽へのリスペクトと解釈の音楽、その後メジャーバンドになりアメリカに頻繁に行くようになると南部マッスル・ショールズでのレコーディングやレオン・ラッセルらのスワンプの影響(LAも拠点のひとつ)でスワンプヒット作「Tumbling Dice」などを作り、その後は「Miss You」「Undercover」など、ニューヨークだろうか。アメリカって場所による音楽の底深さがあるって面白い。

カテゴリー: ミュージシャン
(2016年11月15日)
投稿者:suoyon
LeonRussell5














SWAMPね。僕も映画『ドラッグストア・ガール』(本木克英監督 田中麗奈主演 2003年松竹)の映画音楽サントラで「ジェロニモストンプ」「Indian Swamp」「Jumping Fiddler’s Stamp」という曲を作曲、自分なりのSwamp、、、SuoSwampしてんですワ、これが。

LEON RUSSELL、、、悲しいね。
彼はソロと同時にJoe CockerをフロントにしたバンドMad Dogs & Englishmenが有名。
このツアーをドキュメントした映像を昨年WOWOW で見てその後Leon Russellにはまってたってわけ。とにかくLeonのあのダミ声って今の時代には聴かなくなった押しの強い感じ。
ドクター・ジョンとかにもその味がある。「Hummingbird」なんて好きな曲。「Delta Lady」「Dexie Lullaby」とかファンキーででもちょっとニュアンスがあって都会的ではないけど。あの時代だよなあって。
「Song For You」とか本人が歌うとカーペンターズみたいなやわな万人向けじゃないけどサイコーですワ、渋くて。彼のSwampってニューオリンズ風のピアノスタイルが土台にあるのかなやっぱ、南部だし、、、でもLAで確立したんだ。あの辺りのミュージシャンはLAにでるみたい、あの頃は。
とにかくLeonのあの声あくの強さよ永遠に我々に響くよね!
ところでSTUDIO IZUMI HOUSE 1127は12月11日18時開始デス。
カテゴリー: ミュージシャン
(2016年11月14日)
投稿者:suoyon
LeonR

LEON RUSSELL.74歳で逝ってしまった。
レオン・ラッセル、、、発音はリオンのほうが近いとは思うけど。
彼はアメリカ南部のSWAMP ROCKの帝王なんて呼ばれていた。
SWAMPって沼地とかいう意味だけど、そしてこういうサウンドはオシャレではないし今の若者には興味ないだろうな。有名なウッドストックフェス(1969)のジョー・コッカーのBEATLESカバー「With a little help from my friends」のアレンジはLEON RUSSELLでジョー・コッカーのバンドを仕切っていた。BEATLESでは気の抜けたリンゴの歌だったのを少しスローにして本格的な聴き応えあるロック曲にしたのはJoe Cockerのソウルフルな熱い熱い熱い歌唱とLEON RUSSELLの素晴らしいアレンジの賜物!Leonはこのバンドでピアノ、ギター両方弾き分けている。

ROLLING STONESの最高傑作『LET IT BLEED』(1969) の「Live with me」のブラスアレンジとピアノでも参加。STONESのその後の傑作「Tambling Dice」などのSwampへの影響はLeonなどの影響かもしれない。LeonはStones名作「Honky Tonk Women」をカバーしている。この曲もSwamp色が強いロックチューン。

その一方でソングライターとして「Song for you」「マスカレイド」(カーペンターズやジョージ・ベンソンも歌ってる)など超超美しいポップ曲を作曲している。そうLEON RUSSELLはただ者ではないです。ロックの3コード野郎の部分と2−5−1や半音進行などスタンダード・ジャズ期の理論両方わかってるし、見た目の南部ロックの風貌に隠された知的なコンポーザーでありサウンドメイカーなんです。Eric Claptonとの交流もあるしね。
昨年偶然にもLEON RUSSELLのライヴ映像を改めて見たりアルバム買ったりして数ヶ月彼にハマってました。ですのでショックです。
カテゴリー: ミュージシャン
(2016年03月18日)
投稿者:suoyon
楽屋2016小


3.16中目黒「楽屋」(rakuya)での周防義和solo& tomo the tomo carpe diem のライヴ、大盛況満員の中、無事終えました。いらしていただいた方にこの場をお借りして感謝致します。
周防義和SOLOとしては初の自分名義ライヴでしたので、これから精進精進ではありますが、どうにか様々な楽曲を楽しんでいただいたかと思います。
自らメインヴォーカルをやることへのチャレンジですね、、、この歳にして!
ソロアルバム「遇游歌集」以外の曲では映画「舞妓はレディ」の劇中歌「これが恋?」をリアレンジして歌ってみました。劇中の15才の主人公の歌がおじさんversionに変わったわけです!
自分の楽器はほぼエレキガットギターでしたが、「うすべに色の樹」ではキーボードを弾きました。
tomo the tomo carpe diemのほうではエレキも2曲で演奏しました。

tomo the tomoにとっても2人目の出産後初の本格的なライヴとなり、復活ということでした。
「Door」では自由さに充ちた展開で「帰還」ではこのライヴ用に新たにアレンジしてJirafaのピアノパートをintro、間奏、後奏に骨格となるフレーズ、ラインを作りました。
映画「ドラッグストアガール」のメインテーマ「ドラッグストアガール」ではルバート風に入り、テンポアップしたアレンジです。tomoの声も数年ぶりとは思えないパワーを感じました!

三沢泉、泉尚也のプロフェッショナルな演奏力の高さ、Jirafaのマルチなサポートに助けられいい音楽の時間を過ごせました!

vocal : tomo the tomo
percussions : 三沢泉 
electric fretless bass : 泉尚也 
keyboard&vocal : Jirafa
giutars&vocal : 周防義和 
カテゴリー: ミュージシャン
(2014年12月07日)
投稿者:suoyon

BOBBYKEYSSAX 

Sax奏者のBobby Keys(上の写真)が亡くなった。ボビー・キーズといったらなんて言ってもRollingStonesファミリーとして数々のレコーディング、ツアーサポートをこなした重要メンバーと言える。ボビーはミックやキースと同じ70歳、特にキース・リチャーズと仲が良く、キースと同じ誕生日の12月18日を迎える少し手前の12月2日に逝った。

 

1969年のストーンズの『LET IT BLEED』の「Live With me」が最初の出会いの曲だろう。テキサス生まれのボビーは当時デラニー&ボギーに参加していた。ボビーを起用して60年代R&B風のサウンドを狙ったものだったと思う。「Live With me」のサックスでストーンズサウンドが大人っぽいソウルフルなロックを手に入れたと言って良い。

そして1971年の『STICKY FINGERS』のストーンズにとっても超代表曲のひとつ「Brown Sugar」でのサックスソロは伝説的なロックサックスとしての名演になった。僕は当時高校生だったが渋谷の輸入盤レコード店「CISICO」 でこれを聴き「こんなサックス今まで聴いたことないな」という衝撃を感じた。今では当たり前かもしれないが当時は凄かった。

この「Brown Sugar」でのサックスソロはもう曲の一部、主メロディの一部と化していると言っていいだろう。ツアーでもこの曲のこのサックスソロのこのメロディをファンは皆歌えるほどカラダに染み込んでいる。

今年3月のストーンズ東京公演でもこの「Brown Sugar」のボビーのソロを聴いているがそれが最後となってしまったことになる。

 

同じ『STICKY FINGERS』の「Can’t You Hear Me Knocking」では本来前半部分だけだったのが後半のジャム・セッション風のところでボビーが「オレにひとくさり吹かしてくれ」と言い出して、そのソロが良くてああいった構成の、それまでのストーンズにない楽曲として完成したらしい。

 

1972年のロック史上の名作に数えられているストーンズ『EXILE ON MAIN STREET』の「Sweet Virginia」でのボビーのソロが素晴らしい。勿論これもまずストーンズ調カントリーのリラックスした、でいてアーシーな曲自体がコアなファンには絶大な評価をされているがボビーのソロは溶け込むようにブレンドしている。

 

 ボビー・キーズのサックスというのは例えばジャズ側から見たら下手くそかもしれないが、それは技巧指向の狭い見方だと思う。

ボビーのソロを聴いていると、ジャズ系のサックスには必ずあるスケールを吹きまくるような奏法が一度もないことだ。歌うソロ、歌心がないとフレーズを組み立てられないソロ、渋いブルース・ギターやエリック・ゲイルのギターの無駄な音を入れないpenta-tonicだけで押し通すような、でもグルーヴを考えた・・・それがボビーのソロだ。

 

1973年頃にドラッグやアルコールが酷くて(こんなことストーンズ側から言われてもねえ・・・最もミックは仕事はメチャしっかりやる人ではあるので)ストーンズファミリーから外されて、ジャガーはクインシー・ジョーンズに推薦されたアーニー・ワッツをツアーに参加させた。ライヴドキュメント映画『LET’S SPEND THE NIGHT TOGETHER』でアーニー・ワッツのストーンズとのコラボが聴けるが、そしてアーニー・ワッツは上手いし、ジャズ・フュージョンでのキャリアのある実力者だ。しかしなにか違う。ロックって音数じゃないし、複雑なスケールということでもなく、なにかそこにロックの奥深さがあることがわかる。

 ところで、「上手い」っていう言葉は時にキケンだ。うまい人って感性はなにかに任せていて技術が優れているタイプだったりすることが多い。最初に切り開いた人は決して上手くはなくて・・でも感性が良くて、新たな価値観を作っている、みたいなことが歴史的には多い。

 

ボビーと仲の良いキース・リチャーズがミックに内緒でボビー・キーズをストーンズのツアーに戻す。それはキースが段取りを考え、ミックに知らせないでリハにボビーをスタンバイした。そしてそのソロを聴いたミックは「反論する余地がないな」とボビーのストーンズツアーへの復活を認めたという。しかし、ボビーは15年くらいストーンズから干されてた。ストーンズってやっぱりミックさんの仕切り、相当厳しいんですねえ。

ボビー・キーズ!天国でもジャムってるんでしょうね。

 

下の写真はボビーの代表的な名演が聴ける「Brown Sugar」が収録されてるROLLING STOENSのアルバム『STICKY FINGERS』。ちなみにジャケットのアート・ディレクションはアンディ・ウォーホル。あの有名なベロのロゴマークができた伝説的なアルバムだ!

ボビーキーズ

 

 

 

カテゴリー: ミュージシャン
(2012年02月15日)
投稿者:suoyon

写真は名古屋学芸大学(nuas)の撮影スタジオで白バックのホリゾントで記念写真。 一番前の向かって左端が私。
弦楽四重奏のイベントの時のショット。
さすがアート系の大学なので音楽イベントながら写真、映像系の学生たちのサポートあり、映像への
記録、記念写真などスムースに進めてくれた。

名古屋学芸大学へは2004年頃だろうか、まず映画学科の渡部教授の撮る映画の音楽をつけたところから始まった。渡部さんは映画撮影監督、カメラマンとしてキャリアを積んできた方で、日本映画はもとより、ロスアンジェルスにも居を構えハリウッド映画でも活躍したカメラマン。

その映画の完成後、周防義和特別セミナーを行い、同大学のサウンド系の先生方との交流がはじまり、2年後には周防義和映像音楽の授業がスタート、そして昨年からは周防義和ゼミも開講し、通年に渡って名古屋を訪れる日々になった。

名古屋といっても実は日進市。名古屋駅から・・・地元の人々は名古屋駅のことを名駅(めいえき)と呼ぶ・・・地下鉄東山線で30分ほどいった上社で下車、そこからスクールバスで20分程行った丘陵地帯にあるのが名古屋学芸大学。名古屋万博を行った長久手はここからすぐの場所。
そんな名古屋郊外の場所で、ちかくにはいろんな大学がたくさんある。

旧コラム記事へ>

«Prev |