| Next»
カテゴリー: 音楽
(2021年01月21日)
投稿者:suoyon
AsTears2 (1)


ポップスタンダード曲を料理するシリーズは昔からやっていて、
それは子供の頃から聴いてたポップ音楽へのリスペクトを込めてます。

https://youtu.be/60NpPTuIEn4
今回の曲は「As Tears Go By」でベーシスト泉尚也参加でリニューアル!
「As Tears Go By」はミック・ジャガー&キース・リチャーズが1960年代当時に
マリアンヌ・フェイスフルのために書いた曲で、マネージャープロデューサーの
A.オールダムも作者の1人にクレジットされている。
僕は高校時代によくやっていた思い出深き曲。


https://youtu.be/_Fg5eHX2-HE
こちらはスライド・ギターのRec場面を以前にアップした
ボサノヴァの名曲「Corcovado」(A.C.Jobim)。
この曲も泉尚也参加でリニューアル!
2019年にジョアン・ジルベルトが亡くなった時がきっかけ。

コーダ部分は短いですが、
泉尚也フレットレスベースのアドリブ。
カテゴリー: 音楽
(2021年01月15日)
投稿者:suoyon
photo_fiddler's (1)

「Fiddler's Philosophy」
https://youtu.be/X9lGC6OsTuw

Violinist,Composerの桑野聖さんと2002年に作ったアルバムの中の
「Fiddler's Philosophy」をアップしました。
桑野さんとは1989年頃にCMスタジオワークで弾いてもらったのが最初。
それから30年ものお付き合いになる。

「Fiddler's Philosophy」は僕の作曲作品としても渾身の最高傑作。
7th系中心に、巧みなコード進行せずに大きな流れを作った。
ロック的であり、トラッド風な面もある。精神的には攻めている(つもりネ)。
ポップ・ロックなViolin Music、、と言ってもポップソングのポップではない
ですが。
Violinのパッションというか熱量がものすごく高い演奏になっている。
情緒的泣き系のメロではないメロディのスケール感。
途中の歪み音色もViolinにエフェクトかけて、その状態で弾いている、、
つまりミックスの時にエフェクトかけたのではなく、その音色で弾いた。
そのモティーフに沿った桑野Violinのアドリブが後奏の最後まで続く。
桑野聖アルバム『東方弦聞録』より
カテゴリー: 映画音楽
(2021年01月11日)
投稿者:suoyon
カセットTheReader8440-2 (2)





The Reader

勝手に映画音楽のとてもとても興味深いシーン!

前にも紹介した『THE READER(愛を読むひと)』の冒頭から84分くらい
のシーン。

本を閉じ考え込むマイケルから、薄く音楽が入ってくる。
ニコ・ミューリーの音楽はほぼキャッチーなメロディ、過度な情緒的な
作風はなく、この微妙な雰囲気の音楽・・・緊張感がありソフトなサスペンス感、
疑問、不安を音色と途切れ途切れだったりの「間」を使ったフレーズで構成。

カセットの再生ボタンをハンナが押し、一方でマイケルが録音ボタンを押すところ
異なる時間軸を同じアクション合わせのようなカット繋ぎで編集、
ボタンを押した瞬間から音楽は一転、
Violin主体の弦楽セクションでの前向き感のあるリフレインフレーズになる。
このタイミングを選んだところは完璧。メリハリも生まれる。
いわゆるきっかけ合わせでの展開。

物語はカセットテープが送られ、
昔の恋人時代の感覚が蘇るハンナは表情も明るくなり、
マイケルのカセットへの朗読吹き込みはさらにさらに熱を帯びてくる。

朗読の声をダブらせた音の処理ありつつ、音楽もダイナミクスあがり、
独房で横たわりカセットを聴くハンナのカットでフルートとハープが残ったような展開、
再び弦楽、木管が鳴る。前半はクラリネット多用でここらあたりはオーボエ。
刑務所内図書室を訪れたハンナのセリフ「本を借りれます?」の直前で音楽終わり。
セリフきっかけでの音楽終わりは定番的な処理。

勿論トニックとかではない解決感終止のない終わり方がバッチリ。
複雑な微妙さを表現してるレベル高い劇伴奏音楽。
いわゆるメロディらしきもので展開する音楽ではないので、
一般には音楽を強く意識することはないかもしれないが、それほど映像への一体感、
余計な安っぽい情緒的旋律などで安易に済ませてない気がする。
やはり2000年代になって劇音楽のレベルはもう昔の単純なレベルにないものを
表現するようになった。

物語は殺人罪で服役しているハンナ(ケイト・ウィンスレット)は
18年前21歳年下の15歳のマイケルと恋人関係にあった。
ハンナは文盲のため恋人時代マイケルが本を朗読することをいつも
していたが、その後音信不通だったマイケルが服役してるハンナに朗読のテープを送る、
というシーン。

戦時中ナチスで仕事をしていて殺人罪になってしまったハンナと
それを知らずその後関係をもったマイケル、そして大人になりハンナは刑務所に・・・
ケイト・ウィンスレットがアカデミー賞主演女優賞。
体当たり演技、そして後半は老けメイクの凄さ!

写真はこのシーンの図解。
カテゴリー: ミュージシャン
(2021年01月09日)
投稿者:suoyon
南正人


シンガーソングライター南正人さんが亡くなった。
1990年頃だと思うけど環境問題の慈善ライヴに僕が参加していた
バンドVOICE FROM ASIAで数曲南さんのバックを務めた。
フォーク、ロック、レゲエとかの70年代初頭の雰囲気の音楽。
リハスタである曲の譜面にタイトルが書いてなかったので
ガッチリした風情の南さんに聞くと「ありんこ!」って、
そのギャップが面白かった。優しい人柄だったと思う。
まだ76歳なので今やその歳での死は
早いのでとても残念だが、
ライヴ中に倒れて亡くなったので、歌手が舞台で逝った、
っていうことでしょうか。悲しいが本望かもしれない。
天国で続きを歌って下さい!歌ってるね!
カテゴリー: 音楽
(2021年01月07日)
投稿者:suoyon
スクリーンショット 2021-01-07 23.28.50

『What's Going On』
昨年アメリカでの人種差別への反対運動があった頃に
『What's Going On』をカバーしてみたんです。
https://youtu.be/RZnRFb3aPFg

年末にベーシスト泉尚也も参加し、新たにリニューアル完成しました。
ギターも左手ヤバイんで1日30分弾いては次の日に廻してどうにかrecできました!
原曲をリハーモナイズして間奏も新たな提案してます。
といってもあの歌のノリは勉強もんです。
泉尚也さんは音大での授業でこの曲を題材にベースラインの分析をしてるとのことです、凄い!

『What's Going On』
マービン・ゲイの1971年のヒット曲だが当時はレコード会社の上層部に
「こんな売れそうもないR&Bはダメだ」って言われたが、今や歴史的な名曲になっている。
数年に一度やるアメリカの音楽誌の歴代ポップベスト1に選ばれてもいる。

僕は中学の頃はオーティス・レディング、サム&デイヴ、ミラクルズ、シュープリームス、
フォー・トップスなどR&B好きでしたし1970年のサム&デイヴの来日渋谷公会堂コンサートに
行ってるんです。衝撃でした、あのリズム!とグルーヴ!もうそれで情緒的メロディを超えて行けたのかも。

『What's Going On』はベトナム戦争から帰還したマービン・ゲイの弟から聞いた話をもとに作曲したらしい。
反戦の内容です。60年代の楽しきR&Bにはない。
60年代のエンタメ志向のモータウンR&Bにサヨナラしたという意味で
アフリカ系アメリカン(黒人)ポップ音楽の新しい礎である。その後の
ロバータ・フラックの「Killing Me Softly」などとともに黒人ってノリがいいだけじゃない、
ということを教えてくれた新しい動きのはじまりなのでしょう。

ただジャズを聴いてると60年代のマイルスやショーター、ハンコックなどのやってる
モードの音楽は音楽史上でも最も知的な音楽のひとつのような気がするので黒人って
リズムのグルーヴの凄さだけじゃないことは、そっち聴いてる人には当たり前のことなんだけど。

しかしアメリカはとんでもないことになっている。
『What's Going On』の歌詞がワシントンで起こった出来事にダイレクトであてはまる。
カテゴリー: 雑感
(2021年01月03日)
投稿者:suoyon
IMG_02512


あけましておめでとうございます!

写真はもう10年以上我が家の1年を飾っている
影絵作家浜崎ゆう子の影絵の絵のカレンダー。
ちょうどうちのある木枠と木枠の間にジャストにハマっています。(偶然!)
浜崎ゆう子ちゃんは映画「シコふんじゃった。」の映画美術に携わっていた。
最近は各地で影絵ワークショップも開催している。
カレンダーの詳しくは彼女のホームページで!
カテゴリー: 雑感
(2020年12月04日)
投稿者:suoyon
飛ぶリス


政治家の現代用語の基礎知識、最新版とは!!!

「誠意を持って対応していく」__誠意を持って対応していかない時に言う。
同じような表現に「真摯に対応していく」があり、真摯に対応していなかいよ、
という宣言になる。
イメージ悪くしたくないのでこう言っとけば、
まあね、選挙で勝ってるし時間たてば有耶無耶になってるので、
国民感情なんてこんなんでスルーできるから、という意味。
アベとかいう人の十八番。

「お答えを差し控えたい」___理由を言えないためにこう言って逃げる。
数週間すればメディアもワイドショー別の話題になってるし、
選挙で勝ってるので国民なんかちゃらいもんよ、という意味。
犯罪者の十八番で昔は似た表現に「記憶にございません」があったが
最近使いすぎたために流行りは過ぎたのかもしれない。
記憶にない、と言えば犯罪をやったともやってないとも言ってないので
もし将来逃れられぬ証拠等が出てきてもやってないとは
言ってないのでどうにかなる、みたいなことになる。

「それには当たらない」___それには当たる時に使う文言。
根拠を示すことなくメディアの質問をかわす時に使う。
スガとかいう人の十八番。
同じような文言に「批判は当たらない」などがあり
これも批判にあたる時に使う。

「総合的俯瞰的な活動を求める観点から判断」___
具体的な根拠、論理的な説明ができないのでアタマいい(実はアホ)側近が
こう言っとけば!って総理に助言したフレーズ。
スガとかいう人が好きなフレーズ。
またその人は「怪文書」といって一蹴した加計学園に関する文書が
その後ちゃんと存在したときもなんの弁明もない、という状況。

現首相は以前「公文書の作成は政党の主義主張と全く関係ない、国家運営の基本」と
素晴らしいこと言いつつ数年後には自ら公文書改ざん、破棄等に関わる。
これこそ政党の保守とかリベラルとかの主義主張に関係なく
自分たちの都合の悪いことは排除していくという国家主義、
旧共産圏の国家主義国がやってる非民主主義的な行動と言わざるを得ない。
アベスガは保守ではなくて国家主義ちゃう?
やはりせめてまっとうな保守とまっとうなリベラル勢力の
均衡するのが健全かなと思う。

昔自民党の当時総理候補のプリンスと言われた安倍晋太郎が息子の
若き安倍晋三のことを記者に聞かれ
「うちの息子は天才なんだよ・・・言いわけの天才でね」って言っている。
やっぱしね、だからか!

写真は木の枝から別の枝に飛ぶリス。(photo: chikako)
カテゴリー: 雑感
(2020年12月04日)
投稿者:suoyon
飛ぶリス


政治家の現代用語の基礎知識、最新版とは!!!

「誠意を持って対応していく」__誠意を持って対応していかない時に言う。
同じような表現に「真摯に対応していく」があり、真摯に対応していなかいよ、
という宣言になる。
イメージ悪くしたくないのでこう言っとけば、
まあね、選挙で勝ってるし時間たてば有耶無耶になってるので、
国民感情なんてこんなんでスルーできるから、という意味。
アベとかいう人の十八番。

「お答えを差し控えたい」___理由を言えないためにこう言って逃げる。
数週間すればメディアもワイドショー別の話題になってるし、
選挙で勝ってるので国民なんかちゃらいもんよ、という意味。
犯罪者の十八番で昔は似た表現に「記憶にございません」があったが
最近使いすぎたために流行りは過ぎたのかもしれない。
記憶にない、と言えば犯罪をやったともやってないとも言ってないので
もし将来逃れられぬ証拠等が出てきてもやってないとは
言ってないのでどうにかなる、みたいなことになる。

「それには当たらない」___それには当たる時に使う文言。
根拠を示すことなくメディアの質問をかわす時に使う。
スガとかいう人の十八番。
同じような文言に「批判は当たらない」などがあり
これも批判にあたる時に使う。

「総合的俯瞰的な活動を求める観点から判断」___
具体的な根拠、論理的な説明ができないのでアタマいい(実はアホ)側近が
こう言っとけば!って総理に助言したフレーズ。
スガとかいう人が好きなフレーズ。
またその人は「怪文書」といって一蹴した加計学園に関する文書が
その後ちゃんと存在したときもなんの弁明もない、という状況。

現首相は以前「公文書の作成は政党の主義主張と全く関係ない、国家運営の基本」と
素晴らしいこと言いつつ数年後には自ら公文書改ざん、破棄等に関わる。
これこそ政党の保守とかリベラルとかの主義主張に関係なく
自分たちの都合の悪いことは排除していくという国家主義、
旧共産圏の国家主義国がやってる非民主主義的な行動と言わざるを得ない。
アベスガは保守ではなくて国家主義ちゃう?
やはりせめてまっとうな保守とまっとうなリベラル勢力の
均衡するのが健全かなと思う。

昔自民党の当時総理候補のプリンスと言われた安倍晋太郎が息子の
若き安倍晋三のことを記者に聞かれ
「うちの息子は天才なんだよ・・・言いわけの天才でね」って言っている。
やっぱしね、だからか!

写真は木の枝から別の枝に飛ぶリス。(photo: chikako)
カテゴリー: 音楽
(2020年12月01日)
投稿者:suoyon
オートリバースポスター (2)


PCでも聴けるラジコと全民放ラジオが共同で作ったラジオドラマ
『オートリバース』が12月に放送されます。
原作は高崎卓馬で電通の方です。
この劇中音楽を担当し、先日レコーディングも終えました。
(放送日は各局でバラバラなのでラジオドラマ「オートリバース」で検索してください)

1話15分が11話あるのでけっこうな分量ですが、
劇伴音楽はそんなに多くないです。
ラジオドラマは以前にも音楽担当したことがあるが、
これが実はなかなかのお仕事です。映像ないので、
セリフ、ナレーション、効果音と音楽という
音だけでの構成ですし、当然絵を観て作曲ではないわけです。
1980年代の物語で、劇中に1980年代のヒット曲も流すために
それとの対比風な劇伴の感じです。

音楽よりも注目なのはバイノーラル録音でセリフも録ったということです。
俳優さんはマイクの前でただセリフを言う普通のスタイルではなく、、、
東宝スタジオで録ってるんです。
長尾直樹監督とは映画『アルゼンチンババア』や
WEBムービー『10minutes story』やCM「キリンビール一番搾り」等で
数多くご一緒した間柄。

『オートリバース』は1980年代アイドル小泉今日子の追っかけを
してる若者を描いた作品。
原作本が書店に並んでいます。
タイトルの「オートリバース」って
昔あったカセットレコーダーのオートリバースのこと。
あったあった!懐かしいです。ラジカセやウォークマンとかね。
カテゴリー: 雑感
(2020年11月23日)
投稿者:suoyon
刑事裁判の証拠開示のデジタル化 についてはよく知らなかったが
検察側はpdfでの開示をしてくれなく、弁護側が膨大なコピー代を
費やすということらしい。
それも今やコンビニ行けば白黒コピーは¥10 でカラーは¥40が相場なのに
白黒コピーは¥40 でカラーは¥80  とのこと。
詳しくは以下のURLから、もし賛同していただければ署名して改善の力に!

https://www.change-discovery.org/

これは思想、イデオロギーとか政治的な考え方以前の問題だと思います。
| Next»